ワーキングホリデーでニュージーランド へ行こう!

渡航する時期

ニュージーランドにワーキングホリデー行く。今回は渡航のタイミングについてです。ワーホリは一年間という長期滞在、しかも使えるのはそれぞれの国で一度きり。ベストのタイミングで渡航し、一年間を有効に使いたいものです。ワーキングホリデービザの許可がおりると、ビザが発行された有効日より12ヶ月以内にニュージーランドに入国しなくてはいけませんが、ワーホリの期間は「入国日より」最長一年間なので、特に急ぐ必要もありません。どのタイミングで入国し、1年間をどのように過ごすのか、十分に検討して入国時期を決めましょう。

次に現地での仕事について説明します。ワーキングホリデー制度で他のビザと大きく異なる点は、条件つきながらも(ニュージーランドでは、同一の雇用主の元では3ヶ月までしか働くことができない)働くことができるという点です。仕事については、現地についてからクラシファイド(求人をはじめ、売ります・買います、フラットメート募集といった広告の総称)や、ウエブサイトの情報をもとに探すことが多く、出発前に日本決めるということは難しいようです。

ニュージーランドでは一般的に夏(日本では冬)に観光業を中心に求人が多くなります。逆に冬(日本では夏)はウインタースポーツを中心に求人が増える傾向にあるものの、一般的には求人は少なくなります。

ワーキングホリデーは最長1年間の滞在、同一雇用主での仕事が3ヶ月まで。いろいろと制限がありますよね。だからこそ向こうでどんな仕事をするのか、またどの季節に行くのかなど、いろいろ考えたうえで、自分にぴったりな渡航時期を決めることをおすすめします。