ワーキングホリデーでニュージーランド へ行こう!

航空券について

前回は渡航するタイミングについてでしたが、今回は航空券についてのお話です。実際にワーキングホリデーに行くことが決まると次はそのための色々な準備が必要になってきます。その中でも重要なものが今回説明させていただく航空券についてです。航空券をとるということは渡航日を決めるということなので、慎重に検討するようにしましょう。

航空券の手配にはいくつか方法があります。たとえば航空会社、旅行代理店、インターネットのチケット手配会社などです。

ワーホリでは長期滞在になるため、帰る日が決まっていなかったり、途中で帰国日が変更になる場合が多くあるので一般的にワーホリで使うのに便利な航空券は「片道航空券」と「往復航空券(OPEN)」となっています。往復航空券にはOPENとFIXの二種類あります。OPENとは簡単に言うと後で自由に帰国日を変えられる航空券です。反対にFIXとは帰る日を最初に決めておかないといけない航空券です。往復航空券の場合、特別な事情がない限りOPENにしたほうがよいでしょう。

次に渡航の時期についてですが、もし比較的自由にスケジュールが組めるとしたら、閑散期の渡航をおすすめします。ワーホリメーカーも閑散期に渡航することが多いです。というのはシーズンによって航空券の運賃が上がり下がりするからです。

ニュージーランドへのワーホリは、現在では片道航空券での入国も可能となっています(かつては復路のチケットが入国時に必要でした)。

航空券は慎重に検討したうえ、最適な渡航日を決めるようにしましょう。なぜなら決して安いものではなく、キャンセル時にキャンセル料がかかるものがほとんどだからです。また格安航空券になればなるほど100%キャンセル不可が多くなるので、その点でも注意が必要です。