ワーキングホリデーでニュージーランド へ行こう!

まとめ:現地収入は補足という認識で

さて、ニュージーランドでの生活費についてのお話は今回が最後です。これまでは生活費、ホームステイ代、語学学校の費用など支出についてのみのお話をしてきました。しかしワーキングホリデーの最大の特徴は現地で働くことができ、収入があるということです。今回は、現地での収入を含めたお話をしたいと思います。

「現地で働くことによって収入を得、お金を増やすことができる」これがワーキングホリデーが他のビザでやってきた場合と大きく異なる点なのです。これがもしも観光ビザなどでやってきた場合、もちろん働くことはできませんから、お金は持ってきた分しか頼ることができません。

つまりワーホリの場合現地収入があるので、これまでに「○○万円必要」といってきた費用も、現地収入いかんによってはもっと減らすことが可能だというわけです。

お金が減る一方ではなく、増やすこともできるというのは、心強いものですが、ニュージーランドのワーホリビザの場合、同一事業主での労働は3ヶ月までとなっているので、ずっと長く働けるというわけではありません。短いスパンで仕事を変えていかなくてはいけないので、タイミングが合わなかったりで、いつもうまく求人にありつけるとは限りません。「具体的にどのくらい収入が見込めるか」といったことは言えませんし、人それぞれです。ですから、計画を立てる時点で「現地収入があるから」といって予算を決めるのは避けたほうが無難です。あくまで、「予算を少し補う程度」と考えましょう。