ワーキングホリデーでニュージーランド へ行こう!

お金は現金?トラベラーズチェック?預金?

今回はお金のお話です。

さて、どうやってお金を持っていくかということですが、当然のことながらニュージーランドでは日本の円は使えないので、ニュージーランドの通貨、ニュージーランドドルへ両替する必要があります。


1ニュージーランドドル=51.4円 (2008年11月25日時点)

貨幣レートは前後しますが、おおよそ1ドル50円前後と考えておくとよいでしょう。
現在のレートはこちら

ニュージーランドへお金を持っていく方法は、二つあります。それは「現金」と「トラベラーズチェック」です。このうちトラベラーズチェックは現金に比べて紛失・盗難のリスクが低くなります。なぜなら万が一紛失・盗難にあった場合でも番号の控えがあれば再発行できるためです。このトラベラーズチェックですが、現在日本国内の銀行ではほとんど発行していません。なので、まず日本円のトラベラーズチェックを買って、ニュージーランドへ渡ってから、銀行で両替するという方法をとることが必要になってきます。

しかしながらニュージーランドでの長期滞在、現金でもトラベラーズチェックでも相当なお金になりますよね。そこで、ニュージーランドで銀行に口座を持つことをおすすめします。円をドルに両替後、口座に預金しておくことができるからです。

口座を持つことのメリットは安全にお金を保管しておけるというだけでなく、「エフトポス」というサービスを利用できるということがあります。これはニュージーランドで一般的なサービスで、ショッピングで自分の口座から直接代金を引き落とし、支払いができるというもので、多額の現金を持ち歩かなくて済む便利で安全性が高いというメリットのあるものです。

ただここで注意しておきたいのが、銀行によってはワーホリビザの有効期限が短い場合、口座の開設を断られることがあるということです。ですから、もし3ヵ月や半年のワーホリの予定をしていたとしても、入国時には一年間のパーミットをもらっておくとよいでしょう。