ワーキングホリデーでニュージーランド へ行こう!

ワーホリビザの申請・取得

まずニュージーランド移民局のホームページより、すべてオンラインで申請することになるのですが、すでにここから「英語とのおつきあい」が始まっていきます。というのはホームページがすべて英語表記になっているので、さっそく申請の時点から英語力を試されることになるのです。ニュージーランド生活への第一歩、というところですね。

ビザの申請ですが、まず»»移民局ホームページより、自分のIDとなるアカウントを作成します。申請にあたり「TB(結核)クリアランスの書類」の提出が必要となりますが、これは2006年7月24日より施行されている、移民局からの指定医師制度(PANEL DOCTOR)の指定先でのみ有効となります。
以前は英語での診断書を書いてもらえる病院を探すのが大変でしたが、現在では数は限定されますが、受け入れに慣れている病院ですので、診断書の作成に手間取ることはないと思われます。このTBクリアランス書類は、移民局の指定先に郵送することで提出となります。なお、日本国籍の方のワーキングホリデービザ申請代は無料となっています。

審査日数はニュージーランド移民局がTBクリアランス書類を受理してから、数日後に連絡となっています。また審査の進捗状況は、ニュージーランド移民局ホームページの自分のアカウントページでリアルタイムに確認することができるので安心です。

ビザの申請が無事許可されると、次はビザのコピーをプリントアウトするよう指示があります。プリントアウトしたものは、入国時の移民局の審査時に必要となるので、大事に保管しておきましょう。